トップ / 不動産を所有したときは

不動産屋で家探しの情報

不動産の分筆と共有の違い

不動産の所有者や抵当など、権利についての事項は登記簿に登記が必要です。 また、お金や物のように簡単に分けることができないので、相続などの時に分ける必要があるときは二つの方法があります。 土地の場合、分筆といって登記簿で二つに分ける方法がありますが、もともと同じ場所でも、二つに分けたら、どちらが道路に広く接しているかや、面積は同じでも形の違いなどで価値は均等にはなりません。共有している不動産は、売却や抵当権の設定、運用など、あらゆるシーンで持ち主全員の合意が必要です。

マンションのメリットとは

住まいに関しての質問で、よく、マンションが良いのか一戸建てが良いのかという問いがありますが、物事にはそれぞれメリットとデメリットがあり、一つの事柄に対してもどう捉えるかによって見方も違ってくるものですが、住まいというものは、そこに住む人に取ってどれだけ快適であるかが最優先されるべきことなので、そこを基準に考えると必然的に良い住まい選びができるのではないでしょうか。高齢になってからマンションに住み変える方が多いのは、生活の中に段差がなく、転倒などの危険も回避できるからでしょう。

© Copyright 家賃で不動産を選ぶ時は. All rights reserved.