トップ / 不動産契約に必要な保証人

不動産屋で家探しの情報

不動産の売却方法は2つ

不動産を手放す場合には誰かに譲るか売却するかの2通りがあります。そして、売却する場合には更に2通りあります。1つは自分の所有している物件を欲しいという人が現れるまで待つ、仲介です。そしてもう1つはその仲介をしてくれる業者に直接買い取ってもらう方法です。仲介の場合期間もゆったりとありますので、売却自体を楽しむこともできます。また、基本は自分の提示する条件での売買になりますが買い手側の意見や条件も聞かなければなりません。そうした意味ではビジネスが好きな人向けの売却方法ではないでしょうか。一方、直接買い取ってもらう場合は何の面白味もありませんが、不動産の買い手を探す手間がない分仲介よりも何倍も早く売却することができます。何らかの理由で急ぎの場合はこちらの方が良いでしょう。

法人契約と連帯保証人

賃貸不動産を借りる際に法人契約をして連帯保証人にその会社の部長職くらいの役職の方がなったりするケースがあります。その後、その連帯保証人になった方が退職をしてしまった場合、その取扱はどうなるのでしょうか?賃貸の連帯保証人の地位は、借主の会社に属しているかどうかは関係ありません。したがって、契約時に在籍していた会社を辞めたとしても、同時に連帯保証人の地位から外れるわけではありません。つまり、会社を辞めても不動産の連帯保証人のままなのです。役職者は対外的に保証すべきことも多いでしょうが、その職を離れる場合は保証関係からもしっかりと離脱しておくようにしないと、思わぬ責任が掛かってきますのでご注意下さい。

© Copyright 家賃で不動産を選ぶ時は. All rights reserved.